ワールドベンチャーズナビは、ワールドベンチャーズ(ワールドベンチャー)の総合情報サイト

ワールドベンチャーズナビ|ワールドベンチャーズ総合情報サイト

ワールドベンチャーズの報酬の受け取り方

読了までの目安時間:約 6分

 

ワールドベンチャーズに登録すると、ワールドベンチャーズ専用のeWallet(インターネット口座)が自動的に開設され、報酬はこのeWalletに入金されます。

 

eWalletに入金されるようにするための設定を、ワールドベンチャーズのバックオフィスサイトでする必要はありますが、こちらは本サイトからご登録された方専用の日本語サポートセンター内のマニュアルに詳しく書いてありますので、ご安心ください。

 

 

さて、このeWalletからの出金ですが、日本の銀行に直接、振り込ませることができません。

 

電子送金という方法で、日本の銀行に出金することはできますが、手数料だけで約5,000円かかってしまいます。

 

そのため、楽天カードなどのクレジットカードに送金する方法があります。

 

この場合の手数料は6ドルと格安ですが、クレジットカードの返金扱いになるので、お金を引き出すのではなく、そのカードでショッピングなどするために使うことができます。

 

 

「ということは…報酬をもらっても安い手数料でお金を引き出すことはできないの?」

 

と、思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、本サイトがおすすめする方法として、NETELLER(ネッテラー)に報酬を送金したあと、引き出す方法があります。

 

ワールドベンチャーズ NETELLER(ネッテラー)

 

NETELLERとは、ネット上で決済できるイギリスのオンライン決済サービスのことで、eWalletやペイパルと同じようなシステムをイメージしてもらえるとわかりやすいと思いますし、楽天銀行などと似たような形で利用することができます。

 

日本語に対応しており、日本語スタッフもいるので安心です。


 

タグ :   

ワールドベンチャーズでビジネスをする

ワールドベンチャーズの報酬プラン

読了までの目安時間:約 7分

 

【旅行ポイントについて】

プラチナ会員の場合ですが、入会時に$300分の旅行ポイントを支払いますが、この300ポイントはすぐに使うことができます。同時に、翌月の月会費分の$115を支払いますが、このうち$100が旅行ポイントとして、1年後から使用できます。($15分はワールドベンチャーズのサイト使用料です)

 

旅行ポイントは、ワールドベンチャーズの旅行サイトであるドリームトリップのツアーに使用できます。

 

また、4人紹介すると、この月会費が無料となるだけでなく、$100分の旅行ポイントは引き続き積立されますので大変お得です。

 

この旅行ポイントはドリームトリップのみ使用可能で、Robiaには使えません。Robiaにも使えるポイントはトラベルダラーになります。

 

 【ゴールド会員の直紹介ボーナス】

・ゴールド会員もしくはプラチナ会員を1人紹介すると、

$100の旅行ポイントが得られます。

・3人のゴールド会員を紹介すると、$100のボーナス(現金)を得られます。

・プラチナ会員を1人紹介すると、$50のボーナス(現金)を得られます。

 

【プラチナ会員の直紹介ボーナス】

・ゴールド会員もしくはプラチナ会員を1人紹介すると、

$100の旅行ポイントが得られます。

・3人のゴールド会員を紹介すると、$100のボーナス(現金)を得られます。

・プラチナ会員を1人紹介すると、$50のボーナス(現金)を得られます。

 

※2015年5月2日まで、$100の旅行ポイントが$200になる倍増キャンペーン中!


 

タグ : 

ワールドベンチャーズでビジネスをする

ワールドベンチャーズの会員システムについて

読了までの目安時間:約 7分

 

ワールドベンチャーズは、

豪華なセレブ旅行を格安価格で満喫するだけでも十分に価値がありますが、良質なサービスを受けるだけではなく、ワールドベンチャーズは口コミやインターネットを使って紹介し、会員を獲得することによって、大きな収入を得ることができるのです。

 

少子高齢化や会社の倒産が著しいこれからの日本で生活していくには、日本国内だけではないグローバルなビジネスをやっていくべきですが、ワールドベンチャーズは日本人だけでなく全世界で国境のないビジネスが出来るので、世界的な商売が出来ます。

 

ワールドベンチャーズのビジネスの仕組み

ワールドベンチャーズでのビジネスの仕組みは「バイナリー」と呼ばれる仕組みになっていています。

 

バイナリーというのは自分を中心とした右と左にチームを分けて、自分が仮に一人も紹介しなくてもワールドベンチャーズでは報酬を得ることが出来るような仕組みになっているのです。(報酬を得るためには最低4人の直紹介は必要です)

 

バイナリーの仕組みというのは自分の上に影響力を持った人が自分より上の階層にいた場合、その人は右と左に直接1人ずつしか繋げられないので、上の階層の人は新しく紹介した人を自分が紹介した人よりも下の階層にどんどん繋げていかなければならないのです。(これをスピルオーバーといいます。)

 

こういった仕組みを利用した結果、自分が紹介した人ではなくとも、自分の左右に3人ずつ増えていくたびに100ドルの報酬がずっと貰えます。(一週間の上限が1000ドルまで)

 

そして両側の人数が15人ずつとなった場合、「SR」というランクになり、一番うまく下についた形の「SR」の最高報酬は月収85万円になります。

さらに両側の人数が45人ずつとなった場合、「DR」というランクになり、一番うまく下についた形の「DR」の最高報酬は月収110万円にもなります。

 

ここでは、ランクのことや、詳しい報酬システムについては割愛させて頂きますが、参考までに、各ランクごとの平均年収の表がありますので、ご紹介します。こちらの表を見れば、細かい報酬システムがわからなくても、おおよその月収・年収を理解できると思います。

 

ワールドベンチャーズの年間平均収入

 

Average Annual Earningの欄が、年間平均収入です。

 

SRランクで、$5,237。為替レート120円計算で約62万円、月収だと約5万円。
次のDR(Director)ランクが、$18,589。日本円で約223万円。月収だと約19万円。

 

DRランクになるためには、左右で45人ずつ、ユニレベル(直系列)が合計140人のアクティブという条件なので、地道に紹介していけば、どなたでも達成できるチャンスは十分にあります。

 

 

また12週間以内にこのDRランクなると、$5,000(約60万円)のボーナスがもらえるので、まずは、このDRランクを目指して頑張りましょう。

 

さらにMDランクになると、$44,248(約530万円)。月収で約44万円となり、ワールドベンチャーズだけで、生活できるレベルになります。

 

 

そして、RMDランクになると、平均年収1770万円という富裕層並みの収入だけではなく、高級外車のBMWなどを手に入れることができるのです。

 

ワールドベンチャーズが、最大で月$1,000まで高級車のローンの支払いを肩代わりしてくれるので、800万円くらいまでの高級車でしたら、自己負担なしに購入することができます。

 

最高ランクのIMDになると、マイホームのローンまで肩代わりしてくれるのですが、ビジネスをされる方の目標として、1年後にはRMDランクになってBMWを手に入れる!くらいの目標を持ってもいいかもしれませんね。

 

 

とはいえ、そんなに焦らず、のんびりじっくりと進めたい方もいらっしゃると思います。

 

ワールドベンチャーズには、いつまでに、何人増やさなくてはならない…といった期限は決まっていないので、自分のペースで少しずつ増やしていってもいいでしょう。

 

少なくとも私たちのグループでは、ノルマで今月中に何人増やせ!といったようなことは、一切していないので、その点もご安心ください^ ^

 

ワールドベンチャーズの今後の可能性

 

ワールドベンチャーズは超VIPなインターネットビジネス界の名だたる大御所たちがほとんど全員参加しているので、その大御所たち全員が大量の参加者を自分の下の階層にスピルオーバーしてくれる可能性があります。

今、インターネットビジネス界の大御所たちは世界各地で世界の大富豪たちとワールドベンチャーズのセミナーを1000人規模で開催していて、そのセミナーにより好景気の影響で世界旅行をしまくっている中国人に繋がると自分の下の階層で、さらに急激なスピードで広まっていく可能性が非常に高いのです。

 

そうなる前に出来るだけたくさんの日本人を、日本の富裕層と世界旅行を沢山している中国人との間に参加させておけば、「日本人の収入の底上げになる!」とインターネットビジネス界の大御所たちは真剣に考えています。

 

 アジア各国の人たちが日本人の下につくと、凄いスピードでランクが上がり、あなたの頑張り次第ではありますが、完全なる不労所得が実現する可能性が非常に高く、その恩恵を受けるためにはまさに早い者勝ちといった状態なのです!

本サイトからワールドベンチャーズへお申し込みをすると、そういったインターネット界の大御所のグループに入れるだけではなく、信じられないような特典がついてきますので、ワールドベンチャーズへのお申し込みを少しでも考えられている方は、以下からその詳細をご覧ください。

 

タグ :   

ワールドベンチャーズでビジネスをする