ワールドベンチャーズの仕組み

ワールドベンチャーズはなぜ格安価格でセレブ旅行を提供できるのか?その仕組みを解説します。

 

ワールドベンチャーズは会員制の旅行クラブで、コストコと同じように、会員から会費をもらい運営しています。

 

 

ドリームトリップと呼ばれる格安セレブツアーは、年間で25,000件以上、会員のために提供されていますが、4つ星、5つ星ホテルなどを、何百人単位でまとめて一定期間おさえることによって、バルク発注のような形となり、非常に安い価格で、予約することができるのです。

 

コストコのコカコーラが9円で買えるのも同じ理屈ですね。

 

コストコ 会員数

 

設立から10年。会員数は全世界で650万人を突破。旅行業界でコストコと同じような形で運営している会社はワールドベンチャーズしかなく、まさにオンリーワンの会社ということなのです。

 

今から、ワールドベンチャーズと似たような仕組みを取り入れたライバル会社が現れたとしても、それはGoogleに検索エンジン事業で勝負を挑むようなもの。旅行業界でワールドベンチャーズを抜ける会社が現れることはないでしょう。

 

また、ワールドベンチャーズのビジネスの仕組みとしては、紹介制の会員システムを導入しています。いわゆるネットワークビジネスの仕組みというわけですが、この仕組みによって、広告宣伝費用をかけずに会員を増やすことができるので、さらにドリームトリップと呼ばれるセレブツアーを格安で提供できるのです。

 

ネットワークビジネスというと、日本では無意味な偏見があるようですが、ワールドベンチャーズはインターネットを使った集客が可能な新時代のネットワークビジネスなので、今までの常識は全く通用しません。

 

押し入れから卒業アルバムなどを取りだして、昔の同級生や友人・知人に営業電話する時代ではなくなったのです。

 

 

ブログやfacebook、インスタグラム、ツイッターやYoutubeなどを活用して、全く面識のない人たちにワールドベンチャーズを知ってもらい、会員になってもらうことが可能になったのです。

 

今も昔も、大成功する人は、今までの常識を打ち破って、非常識を常識へと変えた人たちです。

 

 

ワールドベンチャーズの初期費用は、たったの605ドルでその中の480ドルは旅行ポイントとして使えるので、実質の負担額は、125ドル(約15,000円)。

 

ちょっと飲みに行ったり、服を買ったりするだけで、なくなってしまう金額ですよね?

 

今はほとんどリスクなく、気軽にビジネスできる時代になったのです。

 

ワールドベンチャーズは素晴らしい会社で洗練された仕組みを構築しているので、小さなリスクと大きなメリットを天秤にかけながら、最適な選択をしてほしいと思っています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。